検索
  • アドバイザーまくん

マネー冒険2



マネー冒険⑤

あれから梅さんどうしたかなぁ…

  としおさんのことだから責めることなく

  許してあげたんだろうなぁ…きっと。   あの夫婦なら僕がいなくても大丈夫だよね!?

  ねぇ、神様そうだよね?   よしおのネコババした事実は絶対に許せないけど

  でも…アンナちゃんと奥さんはめちゃくちゃ喜んでたなぁ…   よしおは悪いことしたけど家族にとっては

  良い人だった…   よし!

  僕がクヨクヨしてても仕方ない!

  僕は僕で自分の冒険を楽しまないと(^o^)

ドラックストアの給料日。   僕は店長のお財布にはいることになった。  「 あー。 今月も疲れたなぁ… 」

 「 上からは売上売上って数字を求められるし、

  下からは愚痴やら不満やらでやってらんねーよ (>_<) 」

  給料もでたし、息抜きにいつものとこに行くか。   店長は時より通っているスナックに来た。

スナックのママ 「 いらっしゃい。 」 店長 「 はぁー疲れた。 」

   「 ママ、 とりあえずビールちょーだい!

    キンキンに冷えたやつね (^o^) 」 新人「 お待たせいたしました。ビールです。 」 店長「 ん ? 君みない顔だね。 新人さん ? 」 新人 「 はい! 先週はいったばっかりのさくらです (^o^) 」

スナックのママ 「 この子すごく頑張り屋さんでね、

         昼間も働いてるのにもっとお金稼ぎたいからって

         うちで雇うことになったのよ。」 店長 「 へぇー。 そんなに働いてえらいね (^o^) 」

   「 でも、 なんでまたそんなに稼ぎたいの ? 」

   「 わかった ! ブランドもののバックでも欲しいんでしょ !? 」

さくら 「 いや、 あんまり人に言うことでもないんですけど…」

    「 おばあちゃんが持病もってて、 毎日飲んでる薬が

     高いんですよ。わたしおばあちゃんっ子だから、

     少しでも恩返ししたくて (^o^) 」 店長 「 えらいねー (>_<) うちの部下にも聞かせてやりたいよ。

    おばあちゃんはどんなおばあちゃんなの?」 さくら 「 おばあちゃんはすごく優しくて笑顔がかわいい

     おばあちゃんなんです(^o^) 」

    「 おじいちゃんは職人さんだったから、あんまり笑ったり

     しないけど、 でも、 いつもおばあちゃんのこと一番に

    考えてくれてて、 わたしからするとすごく理想的な

    夫婦なんです (^o^) しかもね、

    わたしの名前はさくらなんですけどね、

    おばあちゃんの名前は 「 うめ 」 っていうんですよ (^o^)

    なんかお花の名前つながりでわたしこの名前すごく

    気に入ってるんです (^o^)」

      えっ?Σ(‘◉⌓◉’)     この子、 もしかして 梅さんのお孫さん?

    なんて巡り合わせなんだ (>_<) 店長 「 梅もさくらもすごくいい名前だね (^o^) 」

   「 なんか仕事で疲れて今日は飲みに来たんだけど、

    来てよかったよ。さくらちゃんの話聞いてたら 

   すごく癒されちゃった (^o^) 」

店長 「 ママ、 人を見る目あるね (^o^) 」

   「 ママが素敵だから 自然とそういう人が集まって

    くるのかもね ! 」 スナックのママ 「 お口がうまいんだから (^o^) 」

        「 ありがとうございました ! 」

        「 また よってくださいね ! 」

僕はその日の日当として、さくさちゃんのお財布に行きました。 つづく

マネー冒険⑥

さくら 「 おばあちゃーん (^o^) 」 梅さん 「 あぁ、 さくら (^o^) いらっしゃい ! 」 さくら 「 はい おばあちゃん (^o^) これどうぞ ! 」 梅さん 「 なんだいこれは ? 」 さくら 「 たまにはこれで おじいちゃんとおいしいものでも

     食べて (^o^) ちくわもおいしいけど、

     笹かまぼことかもいいんじゃない ?

    いっそ仙台まで旅行に行っちゃうとか !? 笑 」 梅さん 「 ちくわでもじゅうぶん満足してるよ (^o^) というより

     お父さんはちくわが好きなんだよ (^o^) 」 さくら 「 そうなんだぁ (^o^) 」

    「 まぁ、でも これはわたしからの気持ちだから

     受け取って ! おばあちゃんには感謝してるんだから (^o^) 」 梅さん 「 そーかい (^o^) そしたら ありがたくいただこうかね (^o^)

      ありがとね ! 」 さくら 「 うん (≧∇≦) 」 次の日 薬剤師 「 はい。 梅さん。 今日のお薬代は5,460円です (^o^) 」 梅さん 「 じゃあ これでお願いします (^o^) 」

    「 このお金ね、 孫が わたしのためにってお給料から

      わけてくれたんだよ。 嬉しくてね (^o^) 」 薬剤師 「 へぇ。 優しいお孫さんですね (^o^) 」

   「 そんないい子ならうちの子のお嫁さんにしたいですよ (^o^) 」 梅さん 「 お子さんいるのかい ? 何歳 ? 」 薬剤師 「 うちはこども2人いるんですけどね、

    下が男で今6歳なんです(^o^)」 梅さん 「 なんだ ! まだちっちゃいんだね (^o^) 」

    「 うちの孫には若すぎるかな… 笑 」

    「 孫は22歳だからね (^o^) 」 薬剤師 「 ですよねー (^o^) 笑 」 

    「 6歳と22歳じゃ、釣り合わないか ! 笑 」     梅さん嬉しそうだなぁ (^o^)

    スーパーではついてなかったけど、

    神様はハプニングだけでは終わらせないんだ。

    ちゃんとドラマチックな演出して楽しんでるんだね(^o^)     今度のご主人は 薬剤師の二児のパパかぁ (^o^)

    どんな家族なんだろう… 楽しみだなぁ ♪ つづく

薬剤師パパ 「 よしっ ! これで仕事終わりっと (^o^) 」 後輩 「 今日は早いんですね (^o^) 」

   「 奥さんとデートでも行くんですか? (^o^) 」 薬剤師パパ 「 バカ! 今日は息子の7歳の誕生日なんだよ(^o^) 」

      「 プレゼントはこないだ買っといたから、

       今日は ケーキを買って帰るんだ !」

      「 息子は仮面ライダーが大好きだから、

       仮面ライダーの顔のバースデーケーキなんだよ (^o^) 」

      「 いいだろっ!?」

後輩 「なぁーんか 先輩幸せそうでいいっすねぇ (>_<) 」

   「 俺にも幸せをわけてくださいよー (>_<) 」 薬剤師パパ 「 なんだ出会いがないのか? なら知り合いに

       結婚相談所やってるやつがいるから

      紹介してやるよ (^o^) 」

     「 ここだけの話だが 最近30歳のちょー美人さんが

      入会してきたらしいぞ ! 」 後輩 「 えぇー まじっすか !? 」

   「 30歳なら俺と同い年だし最高じゃないですか ? 」

   「 さっそく明日入会してきまーす (≧∇≦) 」

薬剤師パパ 「 おまえは単純でいいなぁ ! 笑 」

      「でも、 その素直さえあればすぐにいい人と

       結ばれるよ (^o^) 」 後輩 「 あざーっす (≧∇≦) 」 … ケーキも買ったし、 よし ! いそいで帰ろうっと (^o^) でも、 なんでだろ ?

今日 梅さんにもらった一万円はもったいない気がして

使えなかったなぁ。

お孫さんの話を聞いたからかな…

あとで大切に使わせてもらおうっと (^o^) 薬剤師パパ「 ただいまぁ (^o^) 」 息子 「 パパー おかえりぃ (≧∇≦) 」

   「もー 遅いよぉー。」

   「 お腹ぺこぺこなのに待ってたんだよ (>_<) 」 薬剤師パパ 「 ごめん。ごめん(^o^) 」

      「 これでも急いで帰ってきたんだけどな…

       それより… クウト誕生日おめでとう〜♪♪♪(≧∀≦) 」

      「 今日でクウトも7歳の立派な男だ! 」

      「 みんなの前で堂々と自己紹介してみろ (^o^) 」 クウト 「 わかったよ。 パパ (^o^) 」 クウト 「 僕の名前は田中クウトです! 僕には大好きなママと、

     大好きなパパと、 大好きなお姉ちゃんがいます!

     将来の夢は仮面ライダーになって大好きな人たちを

    守ることです (^o^) 」 薬剤師パパ 「 よーし (^o^) よくできたぞ! 」

      「 かっこよかったぞー! 」

      「 これでおまえも一人前の男だ (^o^) 」     田中クウトくんって言うんだぁ(^o^)     ん? 田中?     まさか… クウトくんのママって…     あぁー! やっぱりそうだぁ (≧∀≦)

    僕の 最初のご主人の田中かねこさんだったんだぁ!

    (≧∀≦)     いろいろなとこ行ったけどやっぱりここは

    落ち着くなぁ(^o^)

    ここでなら少しの間貯金されてもいいかも♪     しばらくこの家にいたいからさ(^o^) おしまい

『お金』それぞれに感情を表現する心があるとしたらきっと

幸せだったり、窮屈だったりとさまざまな環境や状況の中

日々、過ごしているのですね。

きっと、『お金』も居心地の良いところに落ち着くのでしょう。

私は、いつも受け入れる体制十分なんですが......

つづく


16回の閲覧

お見合いは、最短結婚への一番の近道

■お相手は、結婚を真剣に考えているお相手

■身上書を見た上での出逢い、容姿、趣味

   職業、年収、家族構成など、お相手の

   データがすでにわかり結婚後の生活が

   イメージしやすい。

■交際のお断りは、仲人がするのでお相手への

   気まずさなく、次々に新し出逢いができる。

Tel

​Fax

お気軽にお問い合わせください

10:00~20:00

(不定休)

お受付時間

080-1160-5479

0278-62-2792

県央支部:〒371-0812 群馬県前橋市広瀬町2-1-9

みなかみ分室:〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑311-4

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon

法人登録制度導入

法人・企業さま募集中!

ご支援いたします